2011はまった曲。

まだまだ知らない歌謡曲も沢山ありますが
今年はこんな曲たちを良く聞いてました。
今改めて聞くと、この曲いい!と再発見したり。



郷ひろみ『寒い夜明け』(1976)
作詞・楳図かずお  作曲・筒美京平

楳図センセイが昔郷ひろみサンに作詞した曲があるとは聞いた事があったのですが
こんなにステキな曲だったとはー☆。間奏もいい♪
楳図作品では『わたしは真悟』などが好きです。
この方の作品、男の子と女の子の純粋な世界観にココロ惹かれます。
歌詞に女の子の持ち物とか出てくる歌って好きー。




荒川務 『太陽の日曜日』(1974)
作詞・安井かずみ  作曲・編曲・都倉俊一

当時のあいざき進也サン、城みちるサン的な正統派アイドル荒川務サン。
その後劇団四季の俳優さんになられたそうで。

この陽気な感じいいなーと夏によく聞いてたのですが
所々ピンクレディーの『SOS』や『渚のシンドバッド』にちょっと似てるような(^◇^)…都倉先生!




木之内みどり『誰かが見つめてる』(1975)
作詞・阿久悠 作曲・都倉俊一

アルバムに入ってる曲みたいです。
何だかオシャレでかわいくて、今の曲みたい~。…都倉先生!




伊藤つかさ 『夢見るseason 』(1982)
作詞・作曲・原由子

昔テレビやラジオで聞いてはいましたが、その頃はピンとこなく
こんな大人になってから、かわいい曲~♪とはまりました。
原由子サンの作った曲だったとは…(今頃知る。)
前奏からかわいいわー。



昔の曲ばかり聞いてた感じですが(^^;

今年の曲では、
高校生の頃から大好きな岡村靖幸くんが急に復活して
思いもよらなかったのでもうビックリ。
復活コンサート行って泣いたり
何かと慌ただしい年でした。



このアルバム、全曲これまでのセルフカバーだし
結局今年、最近の曲はほぼ聞いてなかったってこと…(^^ゞ


岡村くんの話が出ちゃうとこれまた長くなるので
今日はこれにて。
宝石箱、キラッ☆
…*☆◇☆*…
[PR]
by housekibaco | 2011-12-29 15:25 | 音楽